2014年05月05日

婚活は、家族を築くことのできる相手を探す努力である

地方在住の女性会社員、34歳です。
仕事がハードだったり、両親が離婚していることなどが影響して、私は長い間結婚願望がありませんでした。
その時々で彼氏はいましたが、本人に結婚しようという強い意志がなかったことが影響して、
結婚に至りませんでした。
そんな私が婚活しようと決意したのは、母が私に結婚を強く勧めて来たからです。
そして、親族の紹介で東京在住の有名大卒、有名企業の社員とのお見合いをしました。
交際が始まり相手方の両親にも気に入っていただき、と順調に見えたのですが、ひとつ問題が。
彼本人が優秀な技術者であるにも関わらず、コミュニケーション能力が乏しいことでした。
友人も少なく、お酒も飲めない彼は、著しく社会性が欠如していました。
私が傷ついた言葉のひとつに、
「自分が研究開発した製品が、世の中でどのように使われているのかに全く興味がない。」
というものがありました。
その言葉でなんとなく、この人と家族を築くのは無理だ、と感じ、結局破談にしました。
ギャンブルをするわけでも浮気をするわけでもないので、
世間的で言うところの超優良物件かもしれません。
それでも人間性に魅力を感じませんでした。

結婚は、最終的にはお金でも顔でも学歴でもなく、
人間的な相性が一番大切だと学んだ経験でした。
以来、自分が一生一緒にいられる相手かどうか、という点を大切に、
交際やお見合いの相手を選ぶようになりました。

そして最近、ようやく良縁に出会えたような気がしています。
結婚に結びつくといいな、と思います。努力して結び付けたいところです。

posted by haruka at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。